SNSでトラブルに巻き込まれない、巻き込まれた時の対処法

SNSのデメリットとマナーを知ってトラブルを回避しよう

SNSを楽しむために

ニュースなどでよく耳にします、「炎上」という言葉がありますね。
これはSNSで何気ない一言に対し、多くの人から反感を買うということです。
SNSは今や私たちの生活の一部です。
誰しもが見れて誰しもが自由に参加できるコミュニケーションツールです。
みんなが見ている場所ですから何かトラブルが起きるとみんなに知れ渡ります。
SNSは使い方によってはすごく便利ですが、場合によってはとても大変なことになるツールなのです。

今回は、私もSNSで揉めたことがありますのでその実録と解決や回避の仕方を教えしようと思います。

私がSNSでトラブルになったのは2回。
1回目は話していた相手が約束を破ったから。
2回目は疑心暗鬼になられたからです。

1回目の相手とは、和解というわけにもいかずいまだに絶縁状態です。
これについては、話しかける際、私が相手の書いていることを丸呑みにしてしまったことが原因です。
書いてあることは文章ですからどうとでも書きようがあります。
その文章から人柄まではなかなかわからないものです。

2回目は1回目の余波で別な方が私のことを信じられなくなったそうです。
私は別に信じてもらわなくても良かったのですが、私と仲良く話している方まで攻撃するようになったのです。
私は堪忍袋の緒が切れて相手が一番ダメージを受けるであることをしたら攻撃していた人はSNSから出ていきました。

このダメージを与えることというのがトラブルになった時の最大の対処法でしょう。
それをお教えします。

SNSでトラブルに巻き込まれた際の体験談

SNSを楽しむ際に気をつけておかなくてはならないことです。 SNSは文字と画像のみの世界です。 意味の理解の仕方でSNSではトラブルに巻き込まれる場合もあります。 トラブルに巻き込まれないようにSNSを楽しむには何に気をつけたらよいのでしょうか?

SNSに書き込むマナーとは

SNSとはいろいろな意見が集まる場所です。 他の人の意見を読んでいると自分も何か言いいたくなるでしょう。 書き込むことは良いでしょう。 ですが、マナーを守らないとトラブルに巻き込まれることもあります。 トラブルに巻き込まれない書き込みとは一体どういったものでしょうか?

もし、トラブルに巻き込まれてしまったら

SNSでもしもトラブルに巻き込まれたらどのように対処したらよいのでしょうか。 すぐに反論を書いたり、自分は悪くないと書き込みを残しているのはご法度です。 巻き込まれたらやることは2つ。 それは、自分の書き込みの削除と沈黙です。 反論は逆に火に油をを注ぎます。